MCIスクリーニング検査および肝炎血液検査の開発者であるMCBIからのメッセージです。

Molecular and Clinical Bioinformatics
認知症予防のために~軽度認知障害(MCI)を早期発見する血液検査~
  1. ホーム>
  2. 企業としての取り組み>
  3. 研究者からのメッセージ

研究者からのメッセージ

認知症・軽度認知障害(MCI)血液検査/肝炎血液検査 開発者
株式会社MCBI

当社はすべての方々が健康で安心・安全な生活を実現するため、疾患バイオマーカーの製品開発とヘルスケアサービスの提供を行う筑波大学発のバイオベンチャー企業です。

当社が見出したバイオマーカーを用いた画期的な検査によって病気の早期発見を支援するとともに、臨床情報処理による健康支援を通じて一人一人が健康を管理していくためのサービスを提供します。疾患バイオマーカーをはじめとした病態に関わる体内の情報についてのデータベースの構築、診断・創薬に有用な情報とこれらのデータを解析する技術を提供します。

認知症‐軽度認知障害(MCI)とアルツハイマー病

MCIはアルツハイマー病などの認知症になる前駆段階です。認知症の予防のためにはMCIの段階で発見し、治療をすることが大切です。当社は、血液バイオマーカーを用いたMCIの血液検査によって認知症の予防を支援します。

※特許第4597741号 タンパク質、部分タンパク質および/もしくは部分ペプチド、 それらのプロファイルに基づく体外診断システム
※PCT/JP/2013/67785 認知機能障害疾患のバイオマーカー及び当該バイオマーカーを 用いる認知機能障害疾患の検出方法

肝炎‐非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)

NAFLDは肝炎ウィルス感染や飲酒の経歴がなくても、脂肪肝を背景として発症する肝疾患です。現在の肝機能検査では早期発見が困難です。当社は、新規の血液バイオマーカーp35を用いた高感度の肝炎検査によって、肝硬変・肝癌の予防のためのNAFLDの早期診断を支援する検査を提供します。

※特許第5322556号 新規非アルコール性脂肪性肝疾患バイオマーカーおよび該バイオマーカーを用いた非アルコール性脂肪性肝炎疾患の検出方法