Molecular and Clinical Bioinformatics
軽度認知障害(MCI)・認知症を早期発見するための血液検査
血液検査で先制医療の実現をサポートする

MCBIでは、軽度認知障害(MCI)・認知症を早期発見する血液検査「MCIスクリーニング検査」および「APOE遺伝子検査」を提供しています。

軽度認知障害(MCI)・認知症を早期発見する血液検査 当社が開発した「MCIスクリーニング検査」は、認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の兆候を早期に発見できる血液検査です。アルツハイマー病の原因物質であるアミロイドβペプチドの蓄積を間接的に評価することで、軽度認知障害(MCI)のリスクを調べます。 また、アルツハイマー病の発症に関連する遺伝子を調べる「APOE遺伝子検査」も行っております。「MCIスクリーニング検査」と「APOE遺伝子検査」は1回の採血で同時に検査することができます。
認知症は生活習慣病のひとつと考えられるようになりました。生活習慣病は、生活習慣の改善や早い段階での介入によってその発症時期や症状の進行を遅らせることができます。予防のために重要なことは早期発見。「MCIスクリーニング検査」「APOE遺伝子検査」は、認知症の早期発見を手助けする検査です。

医療関係者の方へ

専門家でも判断が難しい認知症。
「MCIスクリーニング検査」は、認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)のリスクを調べることができます。
本検査は各医療機関で導入し、実施することができます。

解析方法や検査の流れなど、くわしくはこちら

一般の方へ

”最近、もの忘れが気になる”という方にお勧めの「MCIスクリーニング検査」。単なるもの忘れなのか認知症のリスクがあるのかを簡単な血液検査で調べることができます。
本検査は、検査を導入している全国の医療機関で受けることができます。

「MCIスクリーニング検査」と「APOE遺伝子検査」について、くわしくはこちら

医療検査機関